原因を解明してみよう

休憩をこまめに挟もう

肩コリが起こるのは、筋肉が疲れていることが原因だと言われています。
スポーツなどをしていると筋肉が疲れて、首や肩コリが起こります。
筋肉を酷使していると思ったら、休ませてください。
また眼精疲労が、首や肩コリの原因になることがあります。
眼精疲労には、パソコンやスマートフォンの使いすぎが関わっています。
特にデスクワークが多い人に、眼精疲労からくる肩コリの症状が見られます。

精神的なことが、首や肩コリに関わっているケースがあります。
自律神経が乱れることも原因の1つなので、ストレスを溜めないように生活を送ってください。
悪化すると、大きな病気を引き起こします。
すると肩コリだけでなく、頭痛やめまいを頻繁に感じるようになります。
その状態では、生活を満足に送ることができません。
肩コリが続くようだったら、自分の生活を見直してください。
不規則な生活や、ストレスが原因で自律神経が乱れているのかもしれません。

免疫力が低下することで、首や肩コリが起こります。
高齢になると、身体の様々な機能が低下します。
免疫力の機能も低下するので、肩コリが起こりやすくなると覚えておきましょう。
免疫力を高める対策をすれば、首や肩コリに悩まずに済みます。
身体に栄養が足りていないことが、免疫力が低下する原因です。
足りない栄養素を身体に摂り入れると、再び免疫力が向上するので安心してください。
食事で補うだけでは足りないので、サプリメントを活用しましょう。

肩コリの理由がきちんと存在する

人間の身体の中には、筋肉があります。 もちろん、肩周辺にも存在しています。 肩周辺の筋肉に疲労が蓄積することで、首や肩コリが起こります。 筋肉を使いすぎていると思ったら、休憩してください。 眼精疲労も、肩凝りの原因になります。 デスクワークが多い人は注意しましょう。

自律神経を整えよう

激しい運動をしていないのに、肩コリを感じる人がいます。 それは精神的な疲れが原因かもしれません。 主にストレスの原因は仕事や、人間関係です。 それらから少し離れることで、乱れた自律神経を元に戻すことができます。 早めに対応しないと、症状が悪化してしまいます。

高齢の人は特に気をつける

首や肩コリに悩んでいる患者数を見ると、高齢者が多いことがわかります。 免疫力が低下しているので、肩コリを発症しやすくなってしまいます。 しかし積極的に栄養を補給することで免疫力を向上させることができるので、自分に足りていない栄養に気づいてください。

トップへもどる