原因を解明してみよう

>

肩コリの理由がきちんと存在する

スポーツをしたあとなど

たくさん運動した跡に、肩コリを感じる人が多いです。
それは疲れが溜まっていることが原因なので、ゆっくり身体を休ませれば回復します。
年齢が上になると、痛みを感じるまでが遅くなります。
運動した2日後に、首や肩コリを感じることも多いです。
また運動以外に、仕事が肩コリの原因になることもあります。

宅配業や工事現場など肉体労働がメインの仕事に携わっている人は、肩を酷使しがちです。
首や肩コリを発症しないよう、定期的に休むことを意識してください。
最も良い改善方法が、休むことです。
身体をしっかり回復させてから、次の仕事に取り組んでください。
肩コリを発症している状態では、スムーズに仕事を進めることができないので効率が悪いです。

眼精疲労に気をつけよう

意外かもしれませんが、目の疲れが次第に肩まで被害を及ぼすことがあります。
パソコンやスマートフォンを操作しすぎると、眼精疲労になってしまいます。
頻繁に肩コリを起こす人は、自分の生活を振り返ってください。
パソコンなどを使う頻度が多い人は、それが眼精疲労の原因だと考えられます。
目を酷使させないことが、首や肩コリの解消に繋がります。

仕事で長時間パソコンを操作したら、10分から15分遠くを見て、目を休ませるのも良い方法です。
ドライアイの人は、通常の人よりも疲れを感じやすいです。
目に潤いを与えるため、目薬を使うのも良いですね。
目薬を使う場合は、コンタクトレンズ用のものと裸眼用のものがあるので、間違えないでください。


この記事をシェアする

トップへもどる